つながりませんか



自殺対策には、大きく三つの段階があるとされています。
自殺が生ずる前に対策を講じて予防につなげる「自殺予防(prevention)」と、
いま生じつつある自殺の危機に介入して防止する「危機介入(intervention)」。
そして、未遂者や遺族に対してケアや支援を行う「アフターケア(post-vention)」です。

自殺対策を行う団体としては、いずれかの段階に特化して活動するのが一般的なのですが、
ライフリンクは敢えて、そうしない道を選んでいます。

あらゆる立場の方々と「つながり」を持ちながら進めていく総合的な自殺対策を実践しています。

みなさんも、実感してみませんか?

行政の皆様へ 地方議員の皆様へ 教職員の皆様へ 民間団体の皆様へ 遺族の皆様へ

 

 

行政の皆様へ


 ・2005年12月に、国から全国の都道府県知事および政令指定都市市長に対して出された『自殺予防に向けての総合的な対策の推進に
ついて(通知)』でも示されている通り、今後は地方自治体が主体となって、地域住民のいのちを守るために「自殺総合対策」を担って
いくことが 求められています。
・これまでライフリンクは、自殺対策関係省庁連絡協議会に『地域における自殺対策ネットワーク案』を提案したり(それが実際に採用
されています)、全国各地で自殺対策に関する講演をしたりと、地域の対策推進に取り組んできました。
そしてこれからも、地方行政関係者のみなさんとも密接に連携をしながら、「現場」での活動に積極的に関わっていきたいと思って
います。
・これまでの実績からもお分かりいただける通り、ライフリンクには自殺対策に必要な「企画力」や「交渉力」、「情報発信力(広報力)」や
「実現力」があります。
地域における自殺対策推進のため、ライフリンクとの「つながり」をどうぞご活用ください。


【具体的な連携のカタチ】

@啓発活動支援                 ・シンポジウムの企画や講師の派遣
・マスコミと連携した広報・啓発戦略の立案
・ポスターやリーフレットのデザイン・作成
・啓発用ビデオやDVDの企画・作成

  A「自死遺族のつどい」立ち上げ支援   ・ファシリテーターの養成
                       ・遺族向けリーフレットの作成
                       ・「つどい」の運営・個別相談への対応

B「自殺対策連絡協議会」への支援    ・総合対策に関するコンサルテーション
                       ・「つなぎ役」としての参加ネットワーク作りへのアドバイス

 

 

地方議員の皆様へ



◆「自殺対策基本法」や「自殺総合対策大綱」に明記されているように、今後は地方自治体が主体となり、地域住民のいのちを
守るために
「自殺総合対策」を実践していくことが求められています。

◆ライフリンクは、自殺対策に関心のある地方議員のみなさんの「つなぎ役」となって、それぞれの地域での自殺対策推進のために
共に活動していけたらと考えています。
▼いま地域に求められている自殺対策とはどういうものなのか
▼議会では、どういう質問をしたらいいのか
▼他の自治体の自殺対策はどうなっているのか
▼これから国はどういう対策に取り組もうとしているのか
▼こういう質問をしたら効果を出すことができた     など


◆活きた情報交換のできる場をみなさんと共有したく『自殺対策を考える地方議員有志の会』を発足させました。
ライフリンクが事務局となり、情報交流のキーステーション役を担います。
▼それぞれの地域における行政・民間・医療関係等の自殺対策の取組み状況や課題をお伝えします
▼必要に応じてその地域の議員の方に応援・連携を依頼します
(取組み状況は必ずしも順調であるとは限りませんので!)
▼どのような議会質問をすれば効果的かという情報を提供します
▼地域の自殺対策に重要なイベント・フォーラム等の情報を積極的に提供します



 

 

教職員の皆様へ





いま、どうやって子どもたちに「いのち」の大切さを伝えていけばいいのか−。

子どもたちを「自殺の危機」から守るためには、どうすればいいのか−。


ライフリンクでは、『自殺対策教職員リンク(仮称)』の発足に向けて、全国の学校の先生たちに「つながり」を呼びかけています。
みなさんとつながりあいながら、ライフリンク的な切り口でもって「いのちの授業」「自殺予防教育」のあり方について、具体的に検討していきたいと考えています。
(現在検討中の授業には、株取引などの、「勝ち組」になることを教える授業ではなく、借金などから「いのちを守る」ための授業などがあります。「背負った借金5000万円 さあ君ならどうする?」といった問いかけから始めて、「借金自殺の現状 → 借金との向き合い方 → お金の価値について → いのちの価値について」と、子どもたちと一緒に考えていけるような授業です。)

 

 

民間団体の皆様へ



ライフリンクでは、民間団体の方々に「つながり」を呼びかけています。
地域で自殺対策にかかわっている団体にかぎらず、あらゆる方面で積極的に活動をされている方々がつながりあうことで、自殺対策という社会の大きな問題に「新しい解決力」を生みだします。専門分野を活かしつつ、それぞれの立場や組織の枠を超えてオープンに築き上げていく「新しいつながり」は、柔軟性を備えた粘り強い「解決力」です。

 2006年の6月15日に成立し、同年10月28日施行となった『自殺対策基本法』には、「民間団体の活動に対する支援」が盛り込まれ、2007年4月内閣府の自殺総合対策の在り方検討会がまとめた報告書「総合的な自殺対策の推進に関する提言」、また、同年6月発表の「自殺総合対策大綱」にも支援の内容が明記されています。自殺総合対策を進める上で、民間団体の連携は不可欠であることが共通の認識となりつつある今こそ、私たち民間団体がつながることでこれまでの枠を超えた解決力が生まれるはずです。




 

遺族の皆様へ

 



日本の自殺対策を、より実践的なものにしていくためには、自殺に関する実態を把握することが不可欠です。(裏を返せば、これまでの対策があまり効果的でなかったのは、実態に基づいて立案されたものではなかったということが言えるでしょう。)

  ライフリンクでは、これまでもご遺族の方々の「声」にじっと耳を傾け、そうした「声」を国への提言(ライフリンクの提言へ)にまとめて、社会に届けてきました。
いま政府が自殺総合対策に動き出しているのも、そうした「声」が社会に届いたから。ご遺族の体験が広く社会とシェアされたからです。

 悲しいかな、現代日本社会では「当事者」が大きな声をあげていかないと、社会はなかなか動いてくれません。(薬害エイズや北朝鮮拉致、ハンセン病や犯罪被害者の問題などが、まさにそうです。)
集合としての「社会」には他人の「痛み」を推し量るだけの想像力がなくなっているというのが、残念ながらこの国の実状なのだと思います。

 もちろん、決してご無理をする必要はありません。
ただ、もし「体験をシェアしたい」という方がいらっしゃいましたら、遠慮なくライフリンク事務局までご連絡ください。
ライフリンクが責任を持ってみなさんの「声」を聞き届け、日本の自殺対策のために活かしていくことをお約束いたします。(もちろん、秘密は厳守いたします。)

1000人調査
遺族のつどいマップ